Locationロケーション

空撮写真

魅力ある各エリアの中心に。

表参道、渋谷、恵比寿、広尾、六本木といった各エリアは、それぞれに多彩な魅力を映す場所。
その中心に誕生する「常盤松ハウス」は都心を謳歌しながら暮らすことのできるロケーションです。

周辺案内図
  • 表参道

  • 渋谷

  • 恵比寿

  • 広尾

  • 六本木

南青山、そのアドレスを誇る。

みゆき通り/image photo

青山通りの南に広がる南青山は、
多くのブランドショップやレストラン、カフェが集まる華やかな雰囲気と、通りから一歩奥に入ることで、
時をかけて醸成されてきた邸宅街としての表情を併せ持つエリア。
南青山アドレスならではの賑わいと、穏やかな静けさが育む洗練された街としての輝きが、人々を魅了しています。

1
2
3

1. 青山通り/image photo
2. 骨董通り/image photo
3. Blue Note Tokyo/約430m・徒歩6分

青山の現在を築いた古き良き礎に。

現在の代々木公園にあった在日米軍の家庭用住居「ワシントンハイツ」に近い青山には、アメリカ文化の影響を受けた商業施設が次々と誕生。
1960年代にはアイビーブームを牽引したVANが青山に移転し、ハイセンスなイメージがさらに高まります。
その後も世界的な建築家によるビル等が数多く建てられるなど、現在の洗練した青山へと通じる街並が形成されました。

1
2
3

1. ワシントンハイツ(1940年代)
2. 東京ボウリングセンター(1950年代)
3. ユアーズ(1960年代)

深奥に佇む、高台の邸宅地に。

現地周辺/image photo

「常盤松ハウス」の誕生する周辺一帯は、江戸時代の屋敷街にはじまり、
旧町名“赤坂青山高樹町”の頃を経て、現在に至るまで、その邸宅地としての由緒と趣が大切に守り継がれています。
六本木通りから一歩入った高台に広がる閑静な街並みと、深い緑が身近に感じられる恵まれた住環境は、
都心であることを忘れるような静謐と潤いを醸しています。

尾張屋板江戸切絵図「東京青山絵図」

豊かな文教環境が身近に。

周辺には美術館や大使館のほか、青山学院大学や國學院大學などのキャンパスが集まっており、
第一種文教地区にも指定されているエリアです。
また、通学区の青南小学校は、歴史ある伝統校として知られています。

  • 港区立青南小学校(約840m/徒歩11分)

  • 青山学院初等部(約480m/徒歩6分)

Life Informationライフインフォメーション

周辺案内図
  • 商業施設 医療施設
  • 公共施設・美術館・公園 金融機関 教育機関

"常盤松ハウス"東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線・日比谷線・副都心線・JR山手線・埼京線・東急東横線が利用できる都心ダイレクトアクセス。
港区南青山7丁目に待望の新築分譲マンションが誕生します。

※掲載の空撮写真は現地を含む周辺の空撮写真(2018年9月撮影)にCG加工を施したものです。また、現地の位置を表現した光は、建物の規模や高さを示すものではありません。
※掲載の環境写真は2019年2月・3月・5月に撮影したものです。
※掲載の徒歩分数は80mを1分として換算しています。

PAGE TOP